ノルレボのジェネリック薬ナイピルの効果の詳細、通販で安く購入する方法、副作用、服用方法を紹介しています。

ナイピルとは

パートナーとの性行為を楽しんでいる最中、ふと気がついたらコンドームが破れており、膣や子宮に精液が接触していた……そのような状況になってしまうと、妊娠してしまう可能性が出てきてしまいます。

そのような状況になった時には、焦ること無くアフターピルと呼ばれる医薬品を服用することによって、万が一の避妊を行うことができます。

しかし、人によっては一般的なアフターピルは高いから購入できないという風に悩んでいる人もいるでしょう。

そのような人は、一度ナイピルと呼ばれるアフターピルを購入し、使用してみましょう。

このナイピルはWHOが認めるエッセンシャルドラッグであるノルレボを模倣して作られたジェネリック医薬品です。

そのため、このナイピルを服用することによって、非常に安価にノルレボと同じ効果のあるアフターピルを服用し、避妊を行うことができるのです。

ジェネリックとは

医薬品というのは、大きく分けて2つのものに分類することができます。

まず1つ目、これは先発医薬品と呼ばれるもので、さまざまな実験や研究、開発の末に製造・販売されている医薬品です。

そしてもう1つの医薬品……それはジェネリック医薬品と呼ばれるものです。

このジェネリック医薬品というのは、先発医薬品を成分分析し、何が入っているのか、どのような作用があるのか……という点を調べあげた後に、それらの成分をそっくりそのまま模倣して作られた医薬品です。

そのため、このジェネリック医薬品というのは開発の過程で先発医薬品程の実験や研究、開発の過程を踏まず、とても簡単にベースとなった医薬品と同じような効果があり、先発医薬品のような高額なコストをかけずに作られているので、とても安価に販売されているのです。

なので、このジェネリック医薬品を使用することによって、非常に安価かつ手軽に病気の治療や予防と言った事が行えるのです。

ナイピルの効果

WHOがエッセンシャルドラッグであると認定したアフターピルであるノルレボ……このノルレボの成分を忠実に模倣し開発された医薬品、それがジェネリック医薬品のナイピルです。

このナイピルというのは、ベースとなったノルレボの成分や薬効といった要素を忠実に模倣して作られている為、服用した際の効果というのはノルレボと全く同じものになります。

なので、このノルレボを服用した際にはノルレボを服用した時と同じように、身体の中に女性ホルモンであるレボノルゲストレルを多量に吸収させ、身体の中が女性ホルモンで満ちた状態を作り出し、強制的に月経を引き起こす事によって、受精卵が着床することができないような子宮内の環境を作り出すことによって、妊娠を防ぐことができるのです。

ナイピルの副作用

非常に高い安全性と効果を保証されているアフターピルのノルレボ。

このノルレボを模倣することによって作られたジェネリック医薬品のアフターピルであるナイピルですが、このナイピルにはノルレボと同じ副作用が存在しています。

それは何かというと、嘔吐感や下腹部の痛み、頭痛や目眩、倦怠感などの症状です。

これらの症状というのは、本来身体から自然に分泌される量よりも多くの女性ホルモンが体内に存在している状態……つまり、一種のホルモン異常が発生している事が原因で発症する症状です。

なので、これらの症状というのはナイピルを服用してからしばらく時間が立ち、体内の女性ホルモン量が正常な値に戻るにつれて、徐々に症状が落ち着いていきます。

しかし、症状が何時まで経っても落ち着かない、むしろひどくなってきた……という時は、一度産婦人科などの病院へと行き、診察を受けた上で適切な処置を行ってもらうようにしましょう。

ナイピルの特徴

非常に強い効果のあるアフターピルであるナイピルですが、このナイピルの特徴として、開発に日本人が関わっているという点があります。

これは一体どういうことなのか、どうして日本人が開発に関わっているのが特徴なのか……その理由として、ジェネリック医薬品が開発されている国が関係しています。

このジェネリック医薬品というのは、薬事法と呼ばれる法律が他の国よりも厳しくない、インドやインドネシアと言った国で製造されています。

そして、このような海外で製造されている医薬品のため、製造の過程で分析される医薬品というのは日本国内で販売されているアフターピルではなく、海外で販売されているアフターピルをベースに開発されているので、日本国内のものよりも成分量などが多い傾向にあり、更にパッケージなども英語表記のものが多くなっているのです。

しかし、このナイピルは開発に日本人が関わっており、パッケージの表記を日本語表記にする、成分を日本人向けにする……というような工夫を行いながら開発している為、ナイピルは日本人にとってとても優しいノルレボのジェネリックなのです。

ナイピルの服用方法

ナイピルを使用し、望まない妊娠を回避したい……そのように思った際には、ナイピルの服用方法を知っておく必要があります。

と言っても、このナイピルはノルレボのジェネリック医薬品のため、服用時にはノルレボと同じように服用することによって、ノルレボと同じような効果を得ることができます。

服用方法としては、避妊失敗から72時間以内にナイピルを服用するというものです。

この方法を取ることによって、受精卵が子宮内に着床する前に月経を引き起こし、受精を予防することができます。

ナイピルとノルレボの違い

先発医薬品であるノルレボ、そしてそのノルレボを忠実に模倣することによって作られたジェネリック医薬品のナイピル……この2つの医薬品の違いとして、最も大きい物はやはり値段です。

1から開発・研究を行った上で製造・販売されている医薬品というのは、1錠あたりの薬単価が非常に高い傾向にあります。

更に、病院でノルレボを処方してもらおうと思った際……この際、アフターピルの処方というのは保険が適応されない自由診療という扱いになってしまうため、1回の処方で処方費や診察費などを合計すると、15,000円から20,000円程の費用が発生してしまうのです。

しかし、そのような高額な費用が発生するノルレボをベースにして作られたナイピルというのは、開発・研究などの費用が非常に少なく、薬のシート1枚あたりの価格が非常に安くなっているのです。

更に、ナイピルは1枚の薬剤シートに4条のナイピルが貼り付けられている為、1枚分のシートを購入すれば、それだけでアフターピルを4回使用する事ができる……もしくは、4つに分けて所持する事ができるのです。

なので、自宅のベッドルームに1つ、外出先で使用する時のために手元に1つ、薬箱に残りの2つ……という風に、必要になった時にすぐに服用できるように、さまざまな場所に分けて置いておき、何時でもどこでも使用する事ができる、という違いが有るのです。

ナイピルを通販で購入

非常に強い避妊効果がありながら、とても安価に手に入れることができるアフターピル……それがナイピルです。

ですが、このナイピルを手に入れる際には有る大きな問題があります。

それは何かというと、病院では処方してもらうことができないという点です。

というのも、日本国内の病院や処方箋を渡すことによって医薬品を受け取ることができる調剤薬局と呼ばれる場所に置かれている医薬品というのは、有名なジェネリック医薬品以外は基本的には先発医薬品だけなのです。

そのため、ジェネリック医薬品を受け取るためには、薬局や病院が薬を別の病院や薬局などから仕入れてくるまで待つ必要があるのです。

ではこのナイピルはどうやって手に入れるのか……その答えは非常に簡単、ネット上に存在している医薬品の通販サイトを利用する、という方法です。

ナイピルのまとめ

アフターピルを病院で処方してもらおうと思った場合、非常に高額な処方費が発生してしまいます。

そのため、今まで避妊に失敗してしまった時にも病院に行ってアフターピルを処方してもらうだけのお金が手元にないため、処方をしてもらいたいけれども病院に行く事ができず、妊娠していないだろうか、妊娠していたらどうしよう……そんな不安を抱えながら次の月経が来るのを待っていた、そんな人もきっといるはずです。

そのような人も、このナイピルを通販サイトで購入することによって、病院に行って処方を行ってアフターピルを処方してもらうよりも格段に安く緊急避妊を行うことができます。

なので、もし今までアフターピルを使用した避妊を行いたくてもできなかった、という風に思っていた人は、ナイピルを通販で購入し、必要になった時にいつでも使用する事ができるようにしておきましょう。