マーベロンの効果の詳細、通販で安く購入する方法、副作用、服用方法、類似薬を紹介しています。

マーベロンとは

パートナーとの性行為の最中、望まない妊娠をしてしまうのを回避したい……そのように思った時には様々な避妊方法によって、妊娠してしまうのを回避する事ができます。

そして、この避妊方法と呼ばれるものには大きく2つのものが存在しています。

まず1つは男性主体の物……これは男性が自ら行う避妊方法で、コンドーム等を利用した方法がこちらの避妊方法に該当します。

そしてもう1つの方法、これは女性主体の避妊と呼ばれるものです。

これは女性が医薬品などを服用して行う避妊方法なのですが、その方法の中でも最も多く行われている物に、OCと呼ばれるものがあります。

この方法というのは、女性が低用量ピルと呼ばれる医薬品を服用し、身体を妊娠しない状態に作り変える事によって行う避妊方法で、とても高い避妊成功率が有るため、女性主体の避妊ではこの方法が度々行われているのです。

そして、そのような女性主体の避妊を行う際に利用される低用量ピルの中でも、特に多くの人が利用している物に、マーベロンと言うものがあります。

低用量ピルとは

OCと呼ばれる女性主体の避妊を行う際に利用する医薬品、それが低用量ピルと呼ばれる医薬品です。

この低用量ピルというものを服用することによって、身体を妊娠しない状態に作り変え、性行為を行った際にも妊娠してしまうのを回避することができるのです。

ですが、このような身体をつくりかえる医薬品と聞くと、なんだかとても恐ろしい薬を想像してしまう人もいるでしょう。

そのような人にこの低用量ピルという医薬品を簡単に説明すると、これは女性ホルモンもしくはそれに非常によく似た物を主成分とした医薬品です。

この医薬品を服用すると、平常時で分泌される量よりも多くの女性ホルモンを身体に吸収させ、体内に多量の女性ホルモンが存在している状態を作り出すことができます。

そして、そのようなホルモンが満ちた状態になると、脳は身体が今妊娠状態にあると錯覚を起こし、身体が妊娠しないような状態に作り変えていき、性行為を行う際にも妊娠する可能性が極限まで低くなるのです。

マーベロンの効果

様々な避妊方法の中でも女性が主体となって行う避妊方法として、女性主体の避妊と言うものがあります。

この避妊方法には様々な物が存在しており、その中でも特に多くの人が行っている避妊方法にOCというものが有るのですが、その際に多くの人が利用する低用量ピル……それがマーベロンです。

このマーベロンはMSD社と呼ばれる製薬会社によって製造されている低用量ピルで、世界中で広く利用されています。

用法用量を守りながらこのマーベロンを服用することによって、身体の中に女性ホルモンが満ちた状態を人為的に作り出し、身体を妊娠しない状態にすることができます。

そして、それ以外の作用として体内の女性ホルモン量が増加することによってニキビや肌荒れが軽減する作用を期待することができ、更には月経痛を軽減することができるなど、非常に様々な効果を得ることができるのです。

更に、マーベロンには21錠入りのマーベロン21と、28錠入りのマーベロン28の2種類のものが存在している為、自分がどのように避妊を行ないたいのか……という点に注目しながら利用するものを変えることによって、とても簡単かつ手軽に避妊を行うことができるのです。

マーベロンを通販で購入

望まない妊娠を行いたくない、そのように思った時に非常に手軽に身体を妊娠しない状態にすることができる医薬品、それが低用量ピルのマーベロンです。

このマーベロンのような低用量ピルというのは、病院に行って診察をうけることによって処方してもらうことができますが、実はこのマーベロンというのはネット上に存在している医薬品の通販サイトでも購入することができます。

そして、この通販サイトを利用して購入することによって、非常に手軽にある大きなメリットを得ることができるのです。

マーベロンの副作用

身体を妊娠しない状態に作り変えることができる医薬品、それが低用量ピルです。

その低用量ピルと呼ばれる医薬品の中でも特に人気の高いものに、マーベロンというものが有るのですが、このマーベロンを服用する際には、副作用についても知っておきましょう。

このマーベロンをはじめとする低用量ピルというのは、女性ホルモンもしくはそれに類似する成分で作られており、服用時には体内に女性ホルモンが満ちた状態が作られます。

そのため、マーベロンを服用した際には体内の女性ホルモン量が急激に増加する事によってホルモン異常を起こした際に発生するような、様々な症状が現れるのです。

具体的な症状としては、乳房の張りや痛み、吐き気、胃のむかつきなどがあります。

これらの症状というのは、服用を始めてから暫くの間は症状が続きますが、一定期間服用し続けると、体が徐々に慣れ始め、副作用の症状は軽減されています。

しかし、長期間服用しても症状が良くならない時には、マーベロンが身体に合っていない可能性もあるので、いつまでも副作用が軽減されないという時には、一度マーベロン以外の低用量ピルの使用を検討してもよいかもしれません。

マーベロンの特徴

身体を妊娠しない状態に作り変えることができる低用量ピル、それの中でも特に人気の高いものとしてマーベロンという製品があります。

このマーベロンを服用することによって、身体を妊娠しにくい状態に徐々に作り変えていき、コンドームなどの男性主体の避妊を行なわずとも身体を守ることができるようになるのですが、このマーベロンの特徴として、避妊効果以外の効果があります。

このマーベロンという低用量ピルを服用した場合、月経が始まる時期などを自分である程度調整することができるようになります。

更に、マーベロンには子宮内に存在している子宮内膜が厚くなるのを抑制する作用があります。

この子宮内膜が分厚くなり、それが月経時に剥がれることによって月経痛と呼ばれる症状が発生します。

しかし、このマーベロンを服用して子宮内膜が厚くなるのを抑制することによって、痛み止めが効かないほどに強い月経痛に悩まされていたような人も実感できるほどに、痛みを抑えることができるのです。

マーベロンの服用方法

マーベロンを使用して避妊を行ないたいと思った時には、マーベロンの服用方法について知りましょう。

このマーベロンという医薬品は、まずは月経開始初日に薬剤シートの1週目と書かれている列の一番左端のものを服用します。

そして、その翌日以降は1錠目を服用したのと同じ時間に2錠目、3錠目……という風に服用し続けていきます。

そして、マーベロン21と呼ばれる1枚の薬剤シートに21錠のマーベロンが付いているものの場合、21日目が経過した後に7日間の休薬期間と呼ばれる薬を服用しない期間をはさみ、その後また服用を再開します。

もしマーベロン28と呼ばれる物を服用している場合、そのまま残りの7錠を服用し、薬剤シートに付いている全てのマーベロンを服用し終えた後、新たな薬剤シートの1錠目から服用を再開する事によって、しっかりと薬の効果を維持し続け、避妊効果を得続けることができるのです。

マーベロンのジェネリック

世の中にある医薬品には2つの物があります。

1つは先発医薬品と呼ばれる既に作られて販売されている医薬品、そしてもう1つは、ジェネリック医薬品や後発医薬品という名称のもので、これは先発医薬品をベースとして開発されている医薬品です。

この後発医薬品というのは、先発医薬品を忠実に模倣して作られている為、薬の成分や作用なども全く同じという特徴があり、その上でコピーして作られた……つまり販売までのコストを極限まで減らして作られた医薬品のため、とても安価に購入できるというメリットが存在しています。

そのため、もし安価に医薬品を購入したいと思っているのであれば、このジェネリック医薬品・後発医薬品と呼ばれる物を使用した病気の治療や予防を行うのが非常にオススメと言われています。

そして、そのジェネリック医薬品と呼ばれる物の中には、マーベロンのジェネリック医薬品が存在しています。

その医薬品はフェミロンという名称のもので、このフェミロンはマーベロンと同じ効果、同じ作用でありながら、マーベロンよりも安価に販売されているのです。

そのため、もしマーベロンを使用した避妊を行ないたいと思っている、もしくは行っている最中に、可能なら薬に掛かるお金を安くしたいという風に思ったのであれば、一度このフェミロンを使用してみましょう。

マーベロンのまとめ

妊娠をするというのは非常に嬉しいことでもありますが、それと同時に今後の人生に対して非常に大きな影響を与えるでき事でもあります。

そのため、自分もパートナーの二人が将来を約束し、子どもを二人で育てようという意思がなければ、妊娠をした末に中絶という、非常に悲しい結末を迎えてしまう可能性があるのです。

なので、もし大切なパートナーと一緒に過ごしているけれども、自分も相手もまだ子どもをもつ勇気や覚悟がないという人は、マーベロンを使用し、いつかその時が来るまでは二人の時間を楽しみながら、望まない妊娠をしないようにしましょう。

また、マーベロンのような低用量ピルは毎日決まった時間に服用するというのが非常に大切になってきます。

なので、飲み忘れを起こさないように自分が今服用しているマーベロンの薬剤シートは可能なのであれば常に持ち歩き、何時でも服用できるようにしておきましょう。