アイピルの効果の詳細、通販で安く購入する方法、副作用、服用方法、類似薬を紹介しています。

アイピルとは

パートナーとの性行為の最中、何を言ってもパートナーが避妊を行ってくれない……はたまた、パートナーがコンドームなどの避妊用の道具を使用して避妊を行ってくれたけれども、性行為の最中にコンドームが外れた、破れたなどの理由によって、子宮や膣に対して精液が付着してしまった……そのような経験はありませんか?

そのような経験があり、もしかしたら妊娠をしてしまっているのではないだろうか……という風に、怖い思いをしたことがあるという人は、アフターピルのアイピルと呼ばれる医薬品を使用し、避妊失敗後に行う避妊の方法について知っておきましょう。

アフターピルとは

避妊に失敗してしまった際に行う避妊方法……それがアイピルなどのアフターピルを使用した避妊です。

しかし、多くの人がこのアフターピルと言うものについて何も知らないため、このアフターピルって一体何なのだろう、避妊に失敗した後の避妊って一体どういうことなのだろうか……という風に思っているでしょう。

このアフターピルというのは、多量の女性ホルモンを主成分とした医薬品です。

そのため、このアフターピルを服用すると身体が本来分泌する量よりも多くの女性ホルモンを外部から吸収させ、ホルモンバランスが乱れた状態を人為的に作り出すことができます。

そして、そのような状態が発生すると身体は本来の月経周期よりも早い段階で月経を発生させ、子宮内に受精卵が着床しない状態を作り出すことができます。

なので、避妊に失敗してしまったという時にも、このアフターピルを服用する事によって、妊娠するのを回避することができるのです。

アイピルとは

避妊に失敗してしまった時に行う避妊方法、これは別名緊急避妊と呼ばれる避妊方法なのですが、この緊急避妊を行う際に利用する医薬品として、アフターピルと呼ばれる医薬品があります。

このアフターピルは多量の女性ホルモンを主成分とした医薬品で、このアフターピルを服用することによって身体のホルモンバランスが乱れた状態を人為的に作り出して月経を発生させ、子宮内に受精卵が着床しない状況を作りだし、妊娠を回避することができます。

そのため、もし避妊に失敗してしまった時にはこのアフターピルを使用した緊急避妊を行う事によって、望まない妊娠をしてしまうのを回避することができます。

そして、そのような緊急避妊に使用されるアフターピルの中でも有名なものに、アイピルという物があります。

このアイピルはCiplaという名称の海外の製薬会社が製造しているアフターピルで、日本を含め世界中の国々で緊急避妊を行う際に使用されているアフターピルです。

世界中の国々で緊急避妊を行う際に使用されている……つまり、とても多くの使用実績が有るため、アフターピルを処方してもらうことができる産婦人科へ行き、アフターピルを処方してもらいたいと医師に伝えた場合、非常に高確率でこのアイピルの使用を勧められます。

アイピルの効果

望まない妊娠を回避することができるアフターピル、その中でも特に有名なものにアイピルという製品があります。

この製品はレボノルゲストレルと呼ばれる成分を主成分として作られています。

このレボノルゲストレルはホルモン製剤と呼ばれるもので、アイピルを初めとするアフターピルの成分としては非常に一般的に利用されています。

そして、このレボノルゲストレルを含んだアイピルを服用することによって、体内に多量の女性ホルモンが満たされた状態を人為的に作り出します。

そして、そのような女性ホルモンが満たされた状態が発生すると、本来であれば月経周期にしたがってゆっくりと上昇していく女性ホルモンの量が急激に増加していきます。

その結果、アイピルを服用すると、本来の月経周期よりも早いタイミングで月経が発生するのです。

そして、本来の月経周期とは違ったタイミングで月経が発生することによって、本来であれば受精卵が子宮内に到達する頃には着床することができるのですが、月経の発生によって着床することができない状態となっているため、着床を防止し、妊娠を回避することができるのです。

アイピルを通販で購入

服用することによって望まない妊娠を回避させることができる医薬品、それがアフターピルです。

そして、そのアフターピルの中でも特に多くの人が使用している物にアイピルという物があるのですが、このアイピルというアフターピルは実はネット上に存在している医薬品の通販サイトを利用して購入することができます。

そして、この通販を利用してアイピルを購入するという行為には、実は非常に大きなメリットがあるのです。

アイピルの副作用

避妊に失敗してしまった際に使用されるアフターピル、その中でも特に多くの人が使用している物……それがアイピルです。

このアイピルを服用することによって、体内に多量の女性ホルモンが満ちた状態を人為的に作り出し、強制的に月経を発生させることによって、受精卵が子宮内に着床するのを予防し、妊娠を予防することができます。

しかし、このような強制的に月経を発生させる程に多量の女性ホルモンを摂取した場合、私達の身体というのはホルモンバランスの異常による様々な不調……いわゆる副作用が現れます。

なので、アイピルなどのアフターピルを服用する際には、どのような副作用が現れるのかというのを知っておきましょう。

多くの人が発症する副作用として、頭痛や目眩、倦怠感、そして嘔吐感などがあります。

これらの症状というのは、体内の女性ホルモン量が一気に増加することによって、体内のホルモンバランスが乱れることが原因で発症する副作用です。

そのため、時間の経過によって徐々に症状というのは沈静化していく傾向にあります。

しかし、もし服用後時間が経てば経つほど症状が悪化する、もしくは症状が治まらない……という時には、一度産婦人科へ行き、診察をうけるようにしましょう。

アイピルの特徴

アフターピルのアイピルの特徴というのは様々な物がありますが、やはりいちばん大きな特徴として、避妊成功率の高さがあります。

このアイピルというアフターピルは避妊失敗後の緊急避妊……つまり最後の予防線として使用されるだけあり、非常に高い避妊成功率があるのです。

アフターピルというのは、避妊失敗から72時間以内の服用を想定して作られている医薬品の為、72時間経過以降は避妊成功率が大幅に低下しますが、避妊失敗から24時間以内であればほぼ100%、24時間から48時間であれば90%台、48時間から72時間以内であれば85%以上の確率で避妊を行うことができるのです。

そのため、もし避妊に失敗してしまった……という時でも、焦ること無くアイピルを使用する事によって、ほぼ確実に妊娠を回避することができるのです。

アイピルの服用方法

緊急避妊の際に使用されるアフターピルのアイピルですが、このアイピルの服用方法というのは非常に簡単なものです。

その方法というのは、避妊失敗から72時間以内にアイピルを1錠服用する……それだけです。

それだけで身体にレボノルゲストレルが吸収されていき、体内の女性ホルモン量の造花による避妊を行うことができるのです。

似た効果を持つエラ

アイピルのようなアフターピルを服用する際に注意すべき点として、避妊失敗から72時間以内でなければ避妊効果がない……という点があります。

そのため、もし避妊に失敗してしまった際には急いでアイピルを服用し、妊娠を回避する必要があります。

ですが、実はアイピルと非常によく似た医薬品であるエラというものであれば、この72時間以内の服用を気にしなくても良くなります。

というのも、このエラというアフターピルは避妊失敗から120時間……つまり5日以内であれば、非常に高い避妊効果を得ることができる、新たに開発されたアフターピルだからです。

しかし、その分価格もアイピルと比べて非常に高く、更に副作用として子宮から大量の出血が現れる可能性もあるなど、アイピルと比べて少々危険な医薬品でも有るのです。

なので、もしアイピルの代わりにエラを使用したい……という風に思っているのであれば、服用時にはアイピルにはないような副作用等にも注意するようにしましょう。

アイピルのまとめ

自分はまだ妊娠をしたくないと思っているのに、相手が避妊を行ってくれない……このような状況に陥ると、非常に強い不安と恐怖を感じてしまいます。

そして、そのような状況に陥ったまま性行為を行ってしまった時には、どうして無理を言ってでも断らなかったのだろうか……というような強い後悔、そして妊娠をしていたらどうしよう、という不安を感じる事になります。

そのような時に、この後どうすればよいのかという対処方法を知っているということ、そして対処するための医薬品であるアイピルが手元にあるというのは、不安感を和らげ、安心感を得ることができます。

なので、パートナーが普段からきちんと避妊をしてくれないという人も、普段からちゃんと避妊を行ってくれているけれども、万が一の状況が怖い……という人も、いざというときのお守りとして、アイピルを通販で購入し、手元に1錠準備しておきませんか?